2009年12月03日

動画撮影まとめ【GeForceのAA設定編】

AA:アンチエイリアス (anti-aliasing) は、サンプリングやダウンサンプリング
でエイリアシングが起きないようにするための処理。
画像に対しておこなうと、ジャギー(ピクセルのギザギザ)が目立たなくなる。
(Wikipedia)




要するに3Dゲームの曲線部分のギザギザが少なくなる設定です

画像で説明しますと


【シール】

2009120301.PNG


【グラナド】

2009120302.PNG


【ファンタテニス】

2009120303.PNG

このように画像が大変綺麗になります

勿論ゲーム自体が重くなりますので多少のPCスペックは必要です

では説明に入ります、ドライバは最新の物を使ってください




2009120304.PNG

まずはトレイアイコンからNVIDIAコントロールパネルを開きます




2009120305.PNG

開いたウィンドウの左の項目から「3D設定の管理」をクリック





2009120306.PNG

このような画面が開きますので「追加」をクリック





2009120307.PNG

AAをかけたいゲームのクライアントがあるフォルダまで移動します

マビの場合:
C:\Program Files\Mabinogi

シールの場合
C:\Program Files\SealOnline





2009120308.PNG

一度クライアントのあるフォルダまで行き、クライアント名を調べます

マビの場合
Client.exe

シールの場合
SO3D.exe




2009120309.PNG

「ファイル名」に先ほど調べたクライアント名の頭文字を入力
一覧が出るのでゲームクライアントを選択し、「開く」をクリック





2009120310.PNG

だいたいこんな感じに設定、以下適当な解説


ガンマ修正→画像が綺麗になる

トランスペアレンシー→画像が綺麗になる
※スーパーサンプリングはめちゃくちゃ重いです
 一度スーパーサンプリングにしてゲームにログイン後重かったら
 マルチサンプリングに画質を落としてください。


ちなみに最初の画像、シールはスーパーサンプリング、
グラナドはマルチサンプリング、テニスの左がマルチで右がスーパー
です

モード→この設定画面での設定をどれくらいゲームに反映するか
アプリケーション設定の変更にしないとこちらの設定が100%反映されない

設定→ギザギザが少なくなる
2x→あんまり少なくならないけど軽い
16x→すげぇ少なくなるけど重い

異方性フィルタリング→ぼかしが少なくなる
2x→ちょっとぼけた感じになるけど軽め
16x→あんまりぼけてないけど重い

真ん中2つ→異方性フィルタリング関連、特に弄る必要はなし




(2009/12/03)
posted by 益子 at 00:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134554124
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。